エサを欲しがる鳩|しつこい鳩は対策業者にお任せ

男性作業員

巣の駆除を依頼しましょう

蜂

春から秋にかけて活発に活動を開始するのがハチです。ときには家の軒先などにも巣を作ることがあるので注意が必要となります。ハチが巣を作っているのを見つけた際にはすぐに退治することが大事です。数が増えて刺されてしまう前に、専門店に依頼して巣の駆除を行うようにしましょう。

もっと知ろう

取り組み前に理解すること

ハト

作業の安全性

街で見かける鳩は主に、カワラバトまたはドバトと呼ばれている種類で、人間の生活圏内に近い位置で生息しています。川や水場の近い、工場や団地などの建物を住みかとするケースが多く、その数が増え続けているため、糞による害が増加しているのです。そういった状況となってしまった場合は、対策を検討する必要があります。しかし、個人で取り組む場合には、理解しておくべき事柄が多いという点も特徴です。まず1つめの特徴は、法律の存在があげられます。処分は卵を含めて許可が必要なので、対策専門の業者への依頼が一般的です。2つめは、高所の作業が多くなるという特徴で、特に防鳥ネットの取り付けは危険を伴います。個人の場合は、忌避剤や足場のトゲを設置する程度が適しているといえるでしょう。いずれにしても大掛かりな作業になりそうな場合は、専門家である業者に依頼をすると安心です。

習性を利用する

人に慣れている鳩がエサを求めて近づいてくる、というシーンを見かけますが、食べ物に執着する習性のひとつでもあります。「エサを与えないように」といった張り紙や看板を見かけるのは、こういった理由もあるのです。鳩が集まるようになってしまえば糞害も多くなり、結局は駆除につながってしまうので、十分に理解しておくと良いでしょう。鳩の駆除を個人で取り組む際には、習性を理解すると効果が上がります。これは、伝書鳩と同様に帰巣本能を持つという習性で、単に追い払っただけでは戻ってきてしまうのです。まずは清掃をきちんと行い、忌避剤をまいたりと、住みにくい環境を作ります。住みかとして諦めさせると成功なので、別の場所へ移動させることに努めると良いでしょう。

命を脅かす存在

ハチの巣

ハチ退治を行なうにあたっては巣を取り除く必要がありますが、その作業は害虫駆除業者などに任せるのが人気になっています。ただし、業者によって掛かる費用やサービス内容は異なっているため、事前に十分に比較検討した上で依頼するといいでしょう。

もっと知ろう

危険な害虫の対処法

笑顔の作業員男性

ハチ退治は早めに業者に任せることで、増えて危険が大きくなる前に安全かつ効率的にすることが可能です。負担感から業者への依頼を躊躇する人もいますが、万一のことを考えるとこれらは小さいものです。自治体の業者紹介制度や補助金制度を活用する方法もあります。

もっと知ろう